よこはまRUNらんライフ

自転車乗ったりマラソンしたり、愛犬とキャンプ行ったり沖縄行ったり、いつの間にやらアウトドア派。夫婦+愛犬の暮らしを綴ってます
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お遍路に行ってきました~ その1 出発まで

のりぞーが夏休みを22日(土曜)~26日(水曜)まで取るって決まったので今年の夏休みの計画~

以前だったら迷わずキャンプで、去年は友達夫婦と笹ヶ峰キャンプ&斑尾試走だったけど、今年はキャンプはGWも行かなかったし、海の日の連休にも行かなかったし・・・・このままキャンプ止めちゃったりしてw

さて、今年の夏休み
私は以前から走って旅を繋ぐ旅ランがしたいな~って希望があって、例えば東海道53次を日本橋から京都まで、とかね

そんな希望があって、それでどうして四国になったのかは忘れちゃったけど、今年は四国88箇所のお遍路ランをしてみちゃう?!なんて話になったのが7月中旬

四国の88箇所のお寺を巡礼するのがお遍路だってことは知ってたし、若い頃親と一緒に観光で四国旅行をしたときに、88箇所のうちのお寺を何年かかけていくつかお参りしたことはあったけど(両親はその後88箇寺回って結願しました)、それはタクシー利用だったし、お寺の順番も特に考えもせず、行った先で近くのお寺を回るって感じで、あの当時は少なくても私には「お遍路」って感覚はゼロで、ただの四国観光でしかありませんでした

でも今度はちゃんと自覚をしたお遍路

と言ってもね、もともと信心深いわけでもなく(これは両親もおんなじw)、ぶっちゃけ、旅ランが主目的(笑)

でも、でも、せっかくお遍路するんだもん
お遍路について書かれたいろんなブログ、サイトを見て、情報収集

お遍路には88箇所を1番から順番にまわる「順打ち」、逆まわりをする「逆打ち」、1度に全部をまわる「通し打ち」、何度かに分けてまわる「区切り打ち」なんて呼び方もあって、まわる手段も「歩き遍路」だったり「タクシー遍路」だったり「ツアーバス遍路」など、どんな形・手段であれ、「大切なのはお参りするその心」なんだって

88箇所のお寺についてみてたら、宗派もいろいろ
弘法大師 空海は真言宗だけど、88箇所のお寺の中には真言宗以外のお寺もあります、これにはへぇ~!でした

お遍路って言うと白装束ってイメージだったけど、調べたら服なども自由でいいし、お寺で唱えるお経も上げても上げなくても、もちろん正式と呼ばれる衣装とお参り方法でやるのが最良だけど、別に自由でOK、ともかく大切なのは「お参りする気持ち」ってことで、それってハードル低くていいよね!って思いました
だって、あんまり堅苦しいとお遍路始めようってなかなか踏ん切りつかないもんね

我が家は1番寺から回る「順打ち」、そして何回かに分けて回る「区切り打ち」、そして移動手段は「歩いたり走ったり遍路」

さて、お休みは土曜日から水曜日まで
どのくらいのお寺を回れるか・・・・別に回れるだけ回ればいい訳で、無理することもないんだけど、どうせなら時間は有効に使いたいよねってことで、調べたら夜行バスなら翌日早朝に到着するから、ちょっと疲れそうだけど金曜夜発の夜行バスで1番寺のある徳島に向うことに決めました

そして7月16日にコトバスを予約 8月21日横浜22時15分発 コトバスステーション鳴門インター6時10分着
スーパーシート(4列)2人で18800円
本当は3列シートのバスがよかったんだけど、すでに満席で取れず、仕方なく4列シートのバスを予約したのでした

その後も高速バスのサイトを見ていると、予約開始が乗車1ヶ月前からのものもあり、そこで予約開始当日に3列シートのバスの予約を取り直しました

トクバス 8月21日浜松町21時50分発 高速鳴門6時05分着
3列シート予約 2人で19960円

7月25日 ファミマにて発券
同時にコトバスをキャンセルしました
お遍路 008
コトバスで3列シートが取れなかったっていうのもあったけど、トクバスは浜松町発だったので、大手町の職場から仕事帰りに移動するのりぞーにとっても浜松町の方が「安全」と言うのもありました
万一、電車が不測の事態で止まったりしても、浜松町までならタクシー飛ばしても時間的にも金銭的にも横浜より安心できるしね!



ネットで得た情報から、私たちは自分たちのお遍路に必要なものとして菅笠、納札、納経帳、輪袈裟、地図を
7月27日に いっぽ一歩堂http://www.ippoippodo.com/に注文

と同時に、100均でお遍路に役立ちそうかな~と思っていくつかの小物も買ってきました

7月28日には読経するお経をプリントアウトして準備しました
DSC_2623.jpg
経本というお経が書いてある本が売ってるんだけど、それすら重いよなと思って、別にお経を読むのに経本じゃなきゃいけないこともないらしいから、A4用紙3枚にお経をプリントして、100均で買った透明シートに包みました(汗や雨で濡れないようにね)
これを、のりぞー分と2セット


7月29日 いっぽ一歩堂から荷物到着
DSC_2486-1.jpg
納経帳は出来るだけ小さなサイズを選びました
大きなほうが見栄えはするだろうけど、リュックに入れて走るからできるだけ軽くなきゃねって思ってね


その後2人それぞれに菅笠を補強、これは私の
DSC_2499.jpg
菅笠は頭にセットする台座と笠でできてるんだけど、この2つを繋いでるのが結束バンド3箇所だけで、あごに結ぶ紐もとりあえずつけときましたって感じでそのままでは実際の使用には耐えないよねぇって思える非常におざなりな状態で、ネットではいろんな補強方法が紹介されていたので、それを参考にしてこんな感じにしてみました
家にあったあまりヒモを利用したので色とか統一感ゼロな仕上がり(笑)



宿は初日の土曜日分だけ、アクセス阿波を楽天トラベルで7月29日にシングルを2部屋予約(ツインは取れませんでした)
土曜日だけ押さえておけば、あとは現地でなんとかなるかな~と思い、出発前の宿の手配はこれだけしかしませんでした

事前には図書館で借りてこんな本も読んでみました
DSC_2523-1.jpg
四国88箇所のお寺の息子として生まれた住職が書いた本です(ご本人はいまは別のお寺の住職をなさってるようです)
お経のCDがついてたので聞いてみたくて借りて、ついでに本も読んでみました
まぁ、私的には読まなくてもよかったかな(苦笑)

雨に降られたら困るのでリュックカバーも準備しました
DSC_2476.jpg
今回の旅で使うのはグレゴリーmaya18リットル
これにはカバーは付いてなかったので買わなきゃって思ってたんだけど、のりぞーのジャックウルフスキンのリュックに付いてるカバーを使いまわせたので今回はそれを利用することにしました

お遍路の雨対策の持ち物は、折り畳み傘、このリュックカバー、マラソンレースの時にみんながよくやる頭と腕部分をカットしてかぶるゴミ袋、下は100均で用意
ゴミ袋はレースの時は45リットル用だけど、今回はリュックごとかぶるから70リットルの大きなものを用意しました
菅笠にはレインカバーがセットだったので、それも含めて雨対策グッズ完了

歩き遍路さんたちのブログを見ると、歩く距離は1300~1400キロになるようなので、足に合わない靴では悲惨なことになるから靴選びはとても重要みたいに書いてあったりします
私たちはランナーだから履きなれてるランシューがお遍路のお供
DSC_2568.jpg
このお遍路のために買ったわけではないけど、結ばなくていい靴ヒモとっても便利だしこの旅でも重宝しました!

お薦め~


今回の旅ではとにかく荷物を毎日背負っての行程になるから、荷物は極力減らして、軽く、を考えました
それでも18リットルのリュックはパンパンでした
DSC_2520.jpg
ランウェアは宿にチェックインしたら毎日洗うつもりで1着のみ

どんな宿に泊まることになるか分からず、パジャマがないと困るので、パジャマ用の1着
DSC_2626.jpg
これはセール中の無印良品で薄く、軽く、速乾性のものを上下買いました

それと、私服上下としてなるべく薄く軽く速乾のものを1着
DSC_2627.jpg

靴下はラン用を2足持ちました
DSC_2624.jpg

それと、汗冷えなんてこともあるかもしれないので念のためモンベルのウィンブレも入れました
DSC_2625.jpg
これは薄く軽く超コンパクトになるのでとっても重宝してます、レインウェアにはならないけどね
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1103234
私のは古い商品だけど、このシリーズのものです

下着はファイントラックを2枚、ブラはスポーツブラ1と無印で買ったノンワイヤーを1←コンパクトかつ軽く買ってよかったです
ファイントラック  http://www.finetrack.com/product/skinmesh.html

宿でコインランドリーがあればいいけど、もし洗面所で手洗いした場合の脱水はタオルに洗濯物を包む方法がベストで、となるとそのタオルも必要よねって思ってこんな商品も用意してみました

これはコンパクトになるし軽い方だとは思うけど、お遍路用の荷物と考えると少し重かったかもしれません
でも濡れた洗濯物を包んで吸水させるにはサイズも大きく、いい働きしてくれました!
ただ、濡れたこのタオル自体を乾かすには少し時間がかかったかも~って感じました
でも安いし、2枚セットだし、買ってよかったと思った商品でした


それからこんな商品も買いました

ランウェアは宿にチェックインしたらすぐ洗うから毎日清潔なものを着られるけど、パジャマや私服は洗う時間がないなーと思って、これなら入れておくだけで消臭、抗菌、防臭してくれると言うので利用してみました
効果は・・・・絶大!かどうかは分からなかったけど、そういえばニオイは気にならなかったから効果はそれなりにあったのではないかな、と思います
これの弱点は防水じゃないってこと
この中に入れてた衣類が汗で濡れてしまったのは失敗でした
最終日のことなんだけど、リュックの中でちょうど腰にあたるあたりに入れてあったみたいで、一番汗がたまる場所ってこともあって、取り出したときに袋の中で私服のパンツがけっこうしっかり濡れてしまってました
汗がリュックの背中のパットを通り抜け、この袋に染み、濡れたんだからどれほどの汗だったのよって思いますw


その他小物としては、日焼け止め、虫除け、痒み止め、薬、洗濯ばさみ&ロープ、洗剤、スキンケア用品、ハサミ、各種充電器、結束バンド(菅笠が壊れたりしたときのための補修用として念のため)
そんな感じかな

それと、普段使ってるサーモスも持参しました
ペットボトルを買えば済むことだったけど、暑いし、冷たいものを冷たいまま入れておけるので、さほど重いものでもないから持って行きました

あとは、ポール
12番焼山寺へ行く時しか使わなかったけど、あの道のりを考えるとポールがあって本当に助かりました
上りにも下りにもポールは大いに役立ってくれたと思います
お遍路さんは金剛杖で歩く人が多いと思うけど、金剛杖は1本きりだし、山歩きの助けとしてはポールの方が実用的だと思いました
たぶん金剛杖より軽いし、そして必要のないときは折り畳んでリュックに入れておけるしね
ただ、弘法大師の分身と言われる金剛杖はお遍路するには必需品って考える方にはポールじゃなくて金剛杖がよいのでしょうね


あと、お寺でのお参りに、ロウソクとお線香が必要で、これも持参しました
お寺で売ってるところもあるけど、割高だしね
1箇所のお寺で本堂と大師堂それぞれでロウソク1本、お線香3本使うので、二人でロウソク4本とお線香6本が必要で、これが思いのほか数がいることとなりました
お線香は軽いけど、ロウソクはそれなりの重さがあるので小箱ながらも存在感がありました
ロウソクはこれを用意して持って行きました

小さすぎるかな?って思ったけど、ほとんどの人がこれと同じサイズでした
15分で燃焼するサイズのものです



こんな感じの装備で8月21日(金曜日)、バスが発車する浜松町へ向いました

続きます~
スポンサーサイト
【 2015/08/30 (Sun) 】 お遍路 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

まい

Author:まい
17歳のラブラドールレトリバーと横浜で暮らしてます

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。